転職で40・50代が正社員を望むとき?

転職活動は大変です!

「自立で満点」セルフコーチングトレーナーの中澤(けんけん)です。
今回のブログは、転職して正社員を目指す40代・50代に方に向けて書いています

40代・50代で転職して正規雇用を目指すとき。
今まで勤めてきた会社にリストラされた、会社が倒産した、あるいは、希望退職に応じたなどの事情があるかもしれません。

しかし、40代・50代となると、転職して正規雇用としてすぐ採用されることは困難が伴います。
40代・50代では、その再就職の厳しさに圧倒されるかもしれませんね。

大卒を中心に就職率が改善されてきているとはいうものの、依然として雇用環境は買い手市場。
ですから、40代・50代で転職を考えるときには、慎重にすることが大切です。

けれども、転職を考えるとき、正規雇用だけが理想の仕事の形態とは限りません。
アルバイト、嘱託、派遣、パートタイマー、あるいは、独立・起業・・・。
ですから、「働き方」を考えるまえに、「働くとは、どういうことなのか?」を考える必要があるかもしれませんね。

今回は、「転職で40代・50代が正社員?ちょっと待った!中高年の新たなる選択とは?」ということについて考えていきたいと思います。

40代・50代の転職で正社員?ちょっと待った!中高年の新たなる選択とは?

1.40代・50代で転職を考える背景とは?

1.転職ランキングに見る雇用情勢

厚生労働省の「平成27年度雇用動向調査の概況」によると、40代総合転職理由ランキングのうち、会社都合が第5位(6.9%)、50代ではそれが2位(12.6%)となっています。
ですから、本人の都合というよりも、会社の経営不振などによるリストラなどによる転職が多いということがわかります。

リストラ、解雇退職

確かに、中小企業に限らず、家電大手や自動車業界の経営不振によるリストラがマスコミ関連でたびたび取り上げられてきているなどの背景が、転職理由にも影響しているのでしょう。

しかし、職業人生40年として、後半の10~20年の時期に会社からリストラされるのは、あまりにも厳しい現実と言えるのかもしれません。
今まで、一所懸命会社のために働いてきたにも関わらず、その会社から放り出される。

2.終身雇用制度の崩壊

日本では1950年代に始まった高度経済成長から1990年代のバブル経済の崩壊まで約40年間、「終身雇用制度」という仕組みが生きていました。
それは、「あの会社に入れば一生安泰だ」という認識です。

ですから、幼い頃から「いい大学に入れば」「いい会社に就職すれば」というものの見方が生まれ、それは現在でも続いています。
ところが、実際には、会社の経営が不安定になれば、職業人生後半の40代・50代になって会社を放り出されるという事態になってしまう。
これは、働く者として、安心できる場所がなくなったという根本的な問題です。

安心できる環境がなくなったとき、私たちは不安や怖れを抱きます。
この「不安や怖れ」こそが、現代日本人のこころのベースなのかもしれません。

3.正社員を目指す背景にあるものと現実

では、40代・50代で転職をするときの心理はどういうものでしょうか。
どうして、40代・50代の人が、転職して正社員をめざすのでしょうか?
「正社員」というイメージの背景にあるもの。
それは、「あの会社に入れば、安泰だ」という安心感。
まして、今勤めている会社から早期退職を求められたり、子会社に出向を促されたりしたら、その思いは一層募ることでしょう。

ところが、40代・50代という年齢では、転職できる可能性が低いのも事実です。
しかも、転職を繰り返せば繰り返すほど、給料が減ります。新しい会社では新入社員ですから。

さらに、40代になると雇用環境は厳しくなり、50代ともなると定年間際。
ほとんどの会社では、早期退職制度や役職定年制、あるいは子会社への出向を実施しています。
わざわさ、年齢の高い人を採用して高い給料を払うよりも低年齢の若い人材を採用する方が、会社にとって都合が良いのは当然のことでしょう。
つまり、特に高年齢層は、会社からは「いらない」と言われているようなものです。

ですから、転職しようとしても次の職場が見つからない。
正社員という条件の採用なら、さらに困難であるといえるでしょう。
もし仮に、東京や大阪などの大都市圏で採用されたとしても、その職種は警備や清掃などに限られています。
ですから、40代・50代の転職には、厳しい現実が伴うということです。

4.40代・50代という人生のステージにおける壁に向き合う

40代・50代というと中高年という年齢層。
心理学者ユングは、この年代を「人生の正午」という表現をして、「ミッドライフ・クライシス(中年の危機)」ということを言っています。
その時期に人は、人生前半に培ってきた価値感に対して価値を見いだせなくなり、虚無感に襲われるということです。
中年の危機としては、いろいろな事件が生じます。
男女関係、離婚、事故、うつ病、自殺など・・・。

しかし、「外的には事件あるいは事故として映ることがらは、多くの場合、内的にはひとつの警鐘であり、むしろ自己実現へのひとつの布石である」(河合隼雄著「母性社会日本の病理」より)。
ですから、40代・50代という年齢は、人生のステージにおける壁を超え、生涯を通じて自己実現への道を開く時期であるといえるでしょう。

ですから、40代・50代という年齢は、ただ「生活のために働く」だけではなくて、「自分の人生をもう一度取り戻したい」「悔いのない人生を送りたい」「生涯を通じて自己実現する」という道を切り開く時期であるといえるでしょう。

そのためにも、「働く」とはどういうことなのかを、次に考えたいと思います。
生きがいさがし自立!

2.「働く」とはどういうことか?

私たちは何のために働いているのでしょうか?

働くことは楽しいこと

「生きるためには食べなければならない、
食べるためには稼がなければならない、
そのためには仕事をしなければならない、
この『しなければ』の繰り返しが、大人の言うところの『生活』だ。
しなければならなくてする生活、生きなければならなくて生きる人生なんかが、
どうして楽しいものであるだろう。 (池田晶子(14歳からの哲学))」

文筆家池田晶子さんの言葉。
働くということを、あまりにもズバリと言い当てているように思えます。

「何のために働くのか」という問い掛けをすると、結局働くことの意味を探してしまう。
「食べるため」「稼ぐため」「生きるため」
しかし、この問いでは、諦念こそ生まれても、「働くことそのもの」については理解できません。
むしろ、「何のために」ということによって、「働くこと自体」ということが、抜け落ちている、
中身がないということこそが、現代の問題なのかもしれません。

ですから、「働くこととはどういうことか?」と考える必要があります。

「働く」という語の由来。
「本来、止まっていたものが急に動くことを表し、そこから身体を動かすという意味になった。
労働という意味で用いられるのは鎌倉時代からで、この意味を表すために「人」と「動」を合わせて「働く」という国字が作られた」(出典:語源由来辞典)

ということは、「働く」ということは「身体を動かす」という広い意味、あらゆる活動そのもの。
例えば、食べること、歩くこと、話すこと・・・。
それらの質の問題なのかもしれません。
具体的には、食べる質を考えたら、美味しい、栄養がある、健康になる、元気になる・・・。
あるいは、働くこと自体が楽しい、ワクワクする、やりがいがある・・・。
それらは、すべて、自分にとって喜びであることであるとわかります。
ですから、「働く」とは、喜びを受け取ることなのでしょう。
生きがいさがし自立!

3. 人生を切り開く働き方とは?

「働く」とは喜びである、と気づきました。
では、喜びと実感する上での課題は何でしょうか?

それは、「働き方」の問題です。
「しなければならない働き方」は、「やりたくない」という前提があります。

現在、政府は「働き方改革」を提唱し、長時間労働の撲滅をその柱に掲げています。
特に1995年の電通事件。長時間労働とパワーハラスメントによる高橋まつりさんの自殺以来、長時間労働の摘発は枚挙のいとまがありません。
しかし、仕事自体が喜びであり、ワクワクするものであれば、「やりたくて仕方がない仕事」となり、社会問題になるはずがありません。
ですから、日本社会における働き方の問題の背景にあるものは、「やらされ感」ということなのでしょう。

仕事をやりたくない!

では、どうして「やりたくない」のか?
それは、自分の意志で仕事をやるという意識よりも、人から言われてやっている意識が強いからでしょう。

その背景には、日本経済全体の縮小という問題があります。
経済が縮小するなかで、会社どうしが同じパイを奪い合い、熾烈な競争を繰り広げている。
そんな中では、結果を今まで以上に出すことが、社員一人ひとりに求められ、結果を出さない人間は評価されない。
評価されないどころか、上司から追い詰められる。
はては「給料泥棒」とさえ言われてしまう。
そこには、人を人として扱わない体質があるのかもしれません。

それでは、40代・50代の年齢層が「人生を切り開く働き方」には、どんな選択肢があるでしょうか?

転職には2種類あります。
前の会社から次の会社への転職
そして、会社という組織から「雇われない働き方=個人事業主」という道。

1.会社から会社への転職は下降路線

40代・50代という年齢での転職は、よほど特殊な技能や能力を持っていない限り、今まで以上に「自分を安く売る」ということになります。
正社員も難しい。
まして、40代・50代であれば、正社員どころか、アルバイトやパートタイムの仕事さえ探すことが難しいのが現実です。
もちろん、たとえ採用されても、自分の好きな仕事を選ぶのは不可能に近いことでしょう。

2.「雇われない働き方」が「生涯を通じた自己実現」への道

40代・50代は、「ミッドライフ・クライシス(中年の危機)」を通じて、「内的にはひとつの警鐘であり、むしろ自己実現へのひとつの布石」(前述)を打つ時期です。

40代・50代のこの年齢層こそ、転職して正社員を目指すことよりも、もっと自分の人生にとって大切なチャレンジの時期であると言えるかもしれません。
逆にいえば、このステージにおける壁を乗り越え、新しい生き方を見つけることができなければ、死ぬときにきっと後悔することでしょう。

3.「雇われない働き方」を実現するうえでのファーストステップとは?

1.40代・50代のうちに準備を始める。
このステージにくると、そろそろ定年後のことが視野に入ってきます。
定年してから、「さあ、準備を始めよう」としても、何をしてよいかわからず、しかも社会との接点がなくなるので非常にそれは困難となります。
しかし、この時期から会社員のまま、「雇われない働き方」の準備をすることで、「自力で稼ぐ力」を一歩一歩付けることもできます。
場合によっては、次の仕事をする上で、会社にいるうちに必要な技術や能力を身に付けることもできます。
ですから、40代・50代を準備期間ととらえることも大切です。

2.準備期間に何をするか?
⑴自分の価値感を知る
「雇われない働き方」をする上で大切なことは、自分がどんなスタイルの働き方をしたいか?ということです。
今までの会社での仕事のように、時間に拘束され、収入も限度がある生活から開放されるようになるでしょう。
しかし、ガムシャラに稼ぐことばかりが人生ではないでしょう。
働く時間を自由に選べて、ある程度の収入が得られれば快適な生活を送れる、という選択肢もあります。
ですから、自分にとって、何を大切にするかという自分の内なる価値感を知ることが大切です。

⑵本当にやりたいことを見つけるための時間をつくる。
「雇われない働き方」をする上で大事なことは、本当にやりたいこと、ワクワクすることを見つけることです。
今までのように「やらされ感」ではなく、自分の内側から沸き起こる喜びを感じるような働き方。
しかし、「やりたいことってなんだろうか?」と浮かばないことも。
ですから、準備期間にしっかりと自分と向き合うことが大切です。

⑶スモールビジネスから始める
「大好きなこと」「ワクワクすること」を仕事にする。
そんな商品をつくることがポイント。
商品として成立する条件は、需要があることが前提です。
好きなことで、自分に能力があっても、需要がなければ仕事として成り立ちません。
ですから、そんな試作品を作って、試すことから始めましょう。
その繰り返しが、必ず成果を生み出していくでしょう。

生きがいさがし自立!

価値感が感情をつくる

Follow me!

「生きがい探し自立サポート」無料メール講座開催中!

売り込みは一切いたしません!安心してね

<
生きがいさがし自立!

仕事に行きがいをもてないあなたに!

生きがいがないとお悩みの方に、元気を提供します 「人生つまらない」とお悩みの40代・50代の男性・女性。