生きがいになる楽しみを求めて!人生が充実

手を挙げて喜ぶ女性!

セミナー風景ですね!!
「自立で満点」セルフコーチングトレーナーの中澤賢慈(なかざわけんじ)です。

”40 50 男と女 なにかやりたい 輝きたい自立サポート”をしています。

今の仕事・働き方に不満・不安を持ち、

どうしたら良いか分からないあなたが、

90日で本当にやりたいことを発見し、

それができるようになる方法をお伝えするサポートをしています。
➡詳しいプロフィールはこちら

今回のブログは、仕事に生きがいを感じ、楽しく人生を送りたい方のために書きました。

「生きがいが欲しいなぁ」
「楽しい仕事をやっていられたら最高」
そんなことを思ったことはありませんか。
仕事が生きがいになる。
仕事が楽しい。

そんな生活を送れたらすばらしいですよね。

しかし、多くの人は、仕事=イヤなこと、仕事以外=楽しみ、と感じているのでないでしょうか。
例えば、月曜日の朝になると「ああ、仕事に行きたくないなぁ」とふと思ってしまう。
そして、金曜日の夕方になると、「ああ、休みだ、休みだ」「週末が楽しみだ」とウキウキしてしまう。
そんな生活を送っていると、「なんか、人生つまらない」「もっと、生きがいのある仕事がしたいよぅ」と感じてしまいますよね。

そんな風に感じるあなたに、楽しく仕事をして、生きがいを感じるための方法を紹介したいと思います。

1.仕事に対する感じ方を見直す

仕事を楽しいと感じるのも自分。
仕事をイヤだと思うのも自分。

ため息をつく会社員?

どんなことでも、イヤだと思っていたら、やりたくなるはずはありません。
例えば、人と話すのが苦手だ、と思い込んでいると、話すこと自体がイヤ。
難しい仕事は自分には無理だと思っていると、難しい仕事は避けたいもの。

あるいは、単純作業はつまらないと思っていると、やる気が起きません。
これでは、生きがいをもてるはずがありませんよね。

しかし、そのように思う背景にあるもの。
それは、「こういうことは自分には合わない」という認識や価値観が隠れています。
さらに、「『こういう仕事はイヤだ』と思う自分」がイヤだということ。

ですから、仕事自体には良いも悪いもなく、それを受け止める自分自身がイヤだ、ということです。
仕事に限らず、「あれもイヤ」「これもイヤ」と思い始めると、すべてがイヤになってしまう。

生きることさえイヤになってしまう。
これでは、生きがいをつかむどころか、ネガティブなこころに支配されてしまいます。

結局、「イヤ」という気持ちを多く持っていればいるほど、ネガティブな感情を避けるようになって、何もできなくなってしまいます。
ですから、自分の中にある認識方法や価値観がすべての感情を決めているということですよね。

ということは、「イヤ」をダメだしするよりも、「楽しいね」を感じ続けるクセをつけることが大切だということです。

例えば、新しいことをやろうとするとき、「なんか楽しそうだ」と感じるように自分を仕向けてみる。
「わからないことがイッパイだから、なんか未知の世界に飛び込めるかも」というような、ワクワクする自分を意識的につくってみる。
そうすると、「イヤ」ではなくて、「楽しい」「ワクワクする」自分を発見することができるでしょう。
それこそが、生きがいとなるでしょう。
9日間でわかる!ネガティブ思考を断ち切る無料メール講座のお申込みはこちらをクリック

2.将来への希望をつくる

仕事が楽しくなっても、結果として収入を得ることができなければ、仕事にはなりません。
趣味と仕事との違いは、そこにあります。

楽しいことで収入は無関係であれば、趣味。
楽しいことで収入を得られるのであれば、それが仕事。
ですから、「将来への希望」とは、楽しいことだけではなくて、収入もより多く得ることができるという願いです。

将来のことを考える女

ところが、サラリーマンであると、出世することにより収入を増やすことは可能ですが、給与規定などにより、収入の限度がきまっています。

しかも、今の日本では、大企業といえども安泰ではありません。

いつリストラに合うかどうかもわからない時代です。

ですから、サラリーマンという就業形態には、リスクが大きい時代となってきました。

ということは、自分の力で収入を得る力を身に付けることが大切だということです。

仮にサラリーマンとして収入を得ていても、「自力で収入を」という姿勢で仕事に取り組めば、破格の待遇をうけることは間違いありません。

会社員のうちにそんな力をつけて、自立への道を歩む。

そうして、独立して収入を得られるようになれば、無限の収入を得る可能性も大きくなります。

そんなスタイルの将来を展望できたら、すばらしいですよね。

3.誰かに貢献している実感をもつ

仕事では、楽しいことも、収入も大事ですが、さらに大事なこと。

それは、「誰かに貢献しているという実感」です。

これがモーレツなモチベーションを築きだします。

これが、生きがいそのものとなります。

例えば、自分が作った商品を喜んでくれた、感謝の言葉をいただいた、・・・。

楽しくて感謝される!

ところが、大企業などに勤めていると、お客様が目の前にいない、お客様の声を聞くこともできない、あるいは感謝を感じることすらできない場合が多いです。

ですから、仕事をやっている意味を感じることがなかなかできません。

意味を実感できないことに対して、私たちは情熱を注ぐことはできません。

できないどころか精神的に病んでしまいます。

ですから、仕事を通じて「誰かに貢献しているという実感」が、仕事を楽しくする原動力となります。
これこそが、生きがいを実感する最大のポイントといえるでしょう。
9日間でわかる!ネガティブ思考を断ち切る無料メール講座のお申込みはこちらをクリック

Follow me!

仕事に行きがいをもてないあなたに!

生きがいがないとお悩みの方に、元気を提供します 「人生つまらない」とお悩みの40代・50代の男性・女性。