転職したい本音の理由とは?自立

転職したい気持ち!

セミナー風景ですね!!
「自立で満点」セルフコーチングトレーナーの中澤賢慈(なかざわけんじ)です。

”40 50 男と女 なにかやりたい 輝きたい自立サポート”をしています。

今の仕事・働き方に不満・不安を持ち、

どうしたら良いか分からないあなたが、

90日で本当にやりたいことを発見し、

それができるようになる方法をお伝えするサポートをしています。
➡詳しいプロフィールはこちら

今回のブログは、転職して自由を得たい方のために書いています。

「こんな会社辞めちまいたいよ」
「もっといい会社はないかなぁ」

転職したくなることは、誰もが一度は経験したことがあるでしょう。
思わず涙してしまうような退職理由、退職届を叩きつけてしまうような怒りの声。
転職したいと思う本音の理由とは何でしょうか。

「社会人のための転職サイト リクナビNEXT」による
「大声じゃ言えませんが、退職理由ホンネランキングベスト10」

1位上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった23%
2位労働時間・環境が不満だった  14%
3位同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった13%
4位給与が低かった  12%
5位仕事内容が面白くなかった 9%
6位社長がワンマンだった7%
7位社風が合わなかった     6%
7位会社の経営方針・経営状況が変化した 6%
7位キャリアアップしたかった 6%
10位昇進・評価が不満だった4%

あなたは、どれに当てはまるでしょうか。
転職したいと思うときには感情的になって、冷静に判断することすら難しいかもしれません。
一度イヤだと思うと、もういてもたってもいられないくらい、会社に行くことがイヤになってしまう。
もしかすると、上司からのパワハラに合い、辛い思いを募らせているかもしれませんね。

特に、現代のように日本経済が縮小の時代。
経済が縮小するにも関わらず、同じパイを会社同士が奪い合う。
すると、価格競争になり、結果を出さないことには企業の存亡に関わる。
ですから、「結果を出せない人間はいらない」と追い詰められたりする状況は、当り前のようにあるのかもしれません。
しかし、そんな職場環境にいると、追い込まれ、馬車馬のように働かされる人間にとってはたまったものではありませんよね。
9日間でわかる!ネガティブ思考を断ち切る無料メール講座のお申込みはこちらをクリック

今回は、転職理由のホンネランキングをもとに、仕事に仕方について一緒に考えていきたいと思います。

転職したい本音の理由、依存から自立へ!自立するための3つの視点

転職したい本音の理由を探っていくと、私たち自身の仕事に対する向き合い方に問題があることに気づきます。
本音の理由を探っていくと、私たちの本音レベルにある根源的な理由を発見することができます。
それくらい、本音ということは大切だということでしょう。
それが、以下の三つ。

1.視点その1:転職理由の背景を考える
2.視点その2:「転職」は2種類ある。そのメリット・デメリット
3.視点その3:会社員のまま、自立の準備を進める

視野を広くして、本当に自分がやりたい働き方を見つけるために、自分を見つめ直しましょう。

1.視点その1:転職理由の背景を考える

まず、転職ホンネランキングのうち、第1位~第3位までの理由を考察してみましょう。
1位:上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった
2位:労働時間・環境が不満だった
3位:同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった

転職したい気持ち!

転職理由の本音ランキング第1位は、「上司・経営者の仕事の仕方」に問題があるというもの。
たぶん、パワハラであるとか、上から押し付けるような仕事のスタイル。
あるいは、結果を求めるあまり部下を使い捨てにするようなマネジメントのスタイルなのでしょう。
上司・部下という複雑な人間関係のもとでは、このようなパタンが多いものです。
もし、部下に自由裁量を与えるようなマネジメントであれば、転職する理由がありませんからね。

転職理由の本音ランキング第2位は、「労働時間・環境への不満」
これは、多方が長時間労働や休日を取れないというものでしょう。
生活のほとんどが仕事に追われ、家には帰って寝るくらい。
あるいは、自分の自由になる時間がもてないということ。
もちろん、仕事が楽しくて仕方がない、ワクワクするというなら、転職する理由など思い当たらないでしょう。
しかし、自由な時間がない上に仕事に追われていたら、ストレスがたまるのは当然ですよね。
ストレスがたまってネガティブな感情に支配されてしまう。
とくに、2015年に起きた電通の事件。
高橋まつりさんという女性社員の自殺が労災認定されて以来、政府も本腰になって、長時間労働の見直し法案が出てきています。
長時間労働は大きな社会問題ですよね。

そして、転職理由ランキングの本音ランキング第3位は「同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった」というもの。
世の中にはいろいろな人がいますからね。
自分にあう人もいれば、そうでない人もいます。
でも、その背景には企業風土というものがあるのかもしれません。
パワハラ的な経営風土や、社員同士がバラバラな会社。
やる気がおきない風土・・・。
ですから、それを変えることは大変なことなのかもしれません。

では、転職したい本音の理由の背景にあるものはなんでしょうか?
それは、すべて受身だということなのかもしれません。
会社自体は自分で選んだのだけれど、一度会社に入ったら、その環境に従わなければならない。
上司のやり方が気に入らないのだけれど文句も言えない、従わざるを得ない。
労働時間・環境にしても、指示されるままに不本意でも働かざるを得ない。
あるいは、同僚・先輩・後輩もそんな環境のなかで、打ち解けることができない。

もちろん、転職するのではなく、自分からそのような職場を変えようとして奮闘努力することも大切です。
「もし、自分ならどんな会社をつくるだろうか」という視点で会社を作り替えようとするならば、大きな変化を作る出すこともできるでしょう。

ですから、転職する本音の理由からわかることは、転職する、しないに限らず、「自分ならどうする?」というものの見方が大切だということですよね。
もし、会社で働き続けたいと思うのであれば、会社自体を自らの力で変革するぞ、というくらいの気構えが必要だということでしょう。

いずれにせよ、転職したいと思っている前提には、自分自身が会社に依存しているという事実に気づくことが出発点だということです。

では、「会社への依存度」を下げるためにはどうしたらよいでしょうか?
もちろん、会社を辞めてしまうことは簡単にできます。
しかし、仕事を失うことは収入を失うこと。
収入を失うということは、生きる糧がなくなることです。

ですから、転職活動をしようと思ったら、その本音の理由をよく考えてからにしましょう。

「上司・経営者の仕事の仕方」に問題があるのであれば、企業風土や条件をよく調べてからにする。
特に、採用面接の時には、選ばれることを考えるのではなくて、企業風土を観察する眼でながめる。
相手を「自分が選ぶ」というくらいの気持ちで臨む方がよいでしょう。
それで採用されないなら、その会社とは合わなかったと思うだけのことでしょう。

長時間労働に不満を持っているのであれば、契約社員、フリーランス、パートタイマー、アルバイト・・・。
時間の融通が利く雇用条件を検討しても良いかもしれません。
あるいは、「ほとんど残業なし」という条件の会社を探すことも必要でしょう。

さらに、「同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった」ということが転職したい本音の理由であるならば、裁量労働制という選択もあります。
もちろん、どんなに残業しても残業代はありません。
しかし、社員は昼に出てこようが、早く帰ろうが、自分の裁量で自由に働くことができる仕組みです。

このようにして、「会社への依存度」を見直してみましょう。

2.視点その2:「転職」は2種類ある。そのメリット・デメリット

自分に対し質問をする
転職したくなる本音の理由の背景を考えると、「会社への依存度」が問題であるということが分かりました。

それなら、転職理由の本音、根本的な解決方法とはどんなことでしょうか?
それは、人や会社に「雇われない働き方」であるかもしれません。
自分の力で立ち、生きていく力。
例えば、自分の力で収入を得る力。

でも、「雇われない働き方、と言われても、そんな簡単にできるわけがないよ」と言われてしまいそうですね。
「それができないから転職しようとしているのに」と。

それならば、今の会社を辞めて、転職したい本音の理由をクリアできる会社に再就職するのもよいでしょう。
それによって、自由な時間を増やせる、ストレスが軽減されるならば、一歩前進ですよね。

「転職」には、大きく分けて2種類の選択があります。
ある会社から次の会社に移るという選択。
そして、会社を辞めて個人事業主(自営業)となる選択。

ですから、次に、転職してまた会社員になるか、「雇われない働き方」かについて、それぞれのメリット・デメリットを考察しましょう。

1.転職のメリット・デメリット

転職することのメリットは、なんといっても安定した収入でしょう。
毎月、決まった収入を黙っていてももらえます。
自分の仕事の業績が悪くても、結果を出すことができなくても、「月給」が入ってきます。

また、福利厚生もメリットです。
健康保険や健康診断、育児休暇、介護休暇、補助金制度、退職金など。
個人事業主では、こんなメリットはありません。
さらに、年金、税金、雇用保険、介護保険などのお金の管理も、会社がすべてしてくれます。

逆に、転職して会社員であることのデメリットはも3つ。
第1は、拘束時間が決められている上に、会社によっては長時間労働で、個人の自由な時間をなかなか確保できないことです。
更には、60~65才で定年を迎えるため、その後は仕事を継続することは難しいのが実情でしょう。
ですから、時間を自分の思うように使えないということがデメリットです。
転職したい理由が、長時間労働など自由がないと感じるのであれば、できるかぎり残業のない会社を選択する必要があります。

そして第2は、収入がだいたい知れているということでしょう。
業績を上げたからといって、急に収入が多くなるわけでもありませんからね。
もし、「給料が少ない」という理由で再就職するのであれば、より給料の高い会社を選ぶひつようがあるでしょう。
ただし、給料が高い分、長時間労働や仕事量が多いなどの問題が出てしまうかもしれませんが。

さらに第3は、職場の人間関係に気をつかうということでしょう。
チームで仕事をするので、人間関係でトラブルを起こしたら、それだけでいづらくなりますから。
会社では、上司、部下、同僚などの複雑な人間関係に自分を合わせていかなければなりません。
まして、転職してその会社になじむにもストレスがたまることがあるかもしれません。

2.「雇われない働き方」のメリット・デメリット

フリマで楽しむ女性!
「雇われない働き方」=個人事業主、フリーランスなどのメリットの第1は、収入に上限がないということでしょう。
会社員では決まった収入しか得られませんが、自営業であれば、収入は青天井です。

第2のメリットは、時間を自由に使えるということです。
自分が好きなときに働き、遊びたいときには遊ぶ。
すべて自分で時間をコントロールできるというメリットは、価値があるでしょう。

さらに第3のメリットは、自分の好きなことを、好きな人と、好きなときにやることができるということでしょう。
お客様も選ぶことができるし、仕事仲間も選択できます。
そして、自分の好きなことだけを仕事にできれば、ストレスフリーになるでしょう。

逆に、「雇われない働き方」のデメリットも3つ。
その第1は、失敗はすべて自己責任であるということでしょう。
リスクはすべて追わなければなりません。
収入を得られないリスク、健康管理のリスク、スケジュール管理など、すべて自分がコントロールする必要があります。
会社員のように、自分が病欠しても、誰かほかの人がやってくれるということはありません。
もちろん、長時間労働に耐えることだってあるかもしれません。

第2のデメリットは、社会的立場の弱さでしょう。
会社員であれば、会社の看板を背負っているので、自分の信用=会社の信用で済みましたが、個人事業主は社会的に立場が弱いのも事実です。
また、法律の面からいっても、会社員であれば労働法によって立場が守られますが、個人事業主にはそのようなものはありません。

そして、第3のデメリットは、すべて自分でやるということでしょう。
商品を作るのも、調達するのも、売るのも、お金の管理も、すべて自分。
もちろん、外注に出すことはできるでしょうが。

このように、転職して、会社に再就職するか、それとも「雇われない働き方」を選択するかには、それぞれのメリット・デメリットがあります。
それを選択するのは、自分が何を大切にするかという価値観次第ですよね。

3.視点その3:会社員のまま、自立の準備を進める

では、次に、転職して再就職するか、それとも「雇われない働き方」を選択するかという迷いが出てきたときに、
もっともよい選択について考えてみましょう。

それには、会社員のまま、「雇われない働き方」、自立の準備をするということです。
店の看板の「準備中」

1.自分ならではの商品を作る

会社を辞めたいという本音の理由の根本は、会社に依存しているということですから、自立するためには、自分ならではの商品を作り、売ってみるということがそのスタートラインです。

しかも、商品を作ることにワクワクする、楽しい、そして、人の役に立てる。
人には、その人にしかない特性や能力が必ずあります。
しかし、それに気づかないことが多いものです。
ですから、もし、会社で自分の特性、能力を発揮できていれば、転職したいという理由すら思い浮かばないでしょうから。
しかし、会社などにいると、誰でもできる仕事を与えられ、言われるままに作業をこなす。
もし、自分がいなくなっても困ることのない仕事、誰かが代わりにやってくれる仕事。
ですから、自立したいと思う背景には、「自分だけしかできないこと」「自分の存在そのものを必要とされたい」という根源的な願いがあることに気づきます。

ということは、自分にしかできない価値、自分という存在そのものから生まれる力を活かしきることが、自立するということにほかなりません。
そのためにも、自分にしかない特性、自分しかできない能力に気づくことが、自立することの第一歩となるでしょう。

自分にしかない特性、能力に気づくこと。
それには時間がかかります。
自分のことをわかっているようで、自分ほどわからないものはないからです。

たいていの場合に、自分の特性や能力と自分で思っているものは、社会的環境のなかで作られています。
例えば、長年経理をやってきたスキル、マネジメントできるスキル、あるいは、頭がいい、人とのコミュニケーションが得意だ・・・。
しかし、このような社会から植えつけられた能力、特性というものは、実は自分の特別な能力ではないということに、ハタと気づくときが来ます。
それは、誰でもできる技術や能力であり、自分がやらなくても誰でもできるものだからです。

では、ホントの自分にしかない特性、能力とは?
それは、自分が幼い頃から、当たり前にやっていることなのです。
自分には当たり前すぎるので、周りの人間にとっても当たり前だと信じ込んでいるもの。
しかし、実は、周りの人にとっては全然当たり前でないという特性や能力。
それに気づくことです。

それには、2つ方法があります。
自分では当たり前な特性、能力は、当たり前すぎるので自分では気づくことができない。

そうであれば、他者から聞くということがそのひとつの方法です。
例えば、両親や兄弟から聞く、友人から聞く、あるいはパートナーに聞いてみる。
すると、自分でも意外な発見があるかもしれません。

もうひとつの方法。
それは、今までの人生のなかで、「何に対して時間を使ってきたか?」「何に対してお金を使ってきたか」ということを振り返ってみることです。
例えば、スポーツ、読書、あるいは、アウトドア・・・。
更には、読書ならどんな分野に興味を持っているか。
スポーツなら何に夢中になっているか。
それに気づけば、自分が夢中になれることは何なのかという発見があることでしょう。

いずれにせよ、自分の特性や能力に気づくことには時間がかかります。
ですから、「思わず退職届を叩きつけてしまう」というように、感情に振り回されるような退職の仕方は、避ける必要があります。
もし、仮に退職してしまった場合には、自立する準備をするどころか、収入が途絶えたことに対する不安でいっぱいになってしまいます。
すると、「どこでもいいから、まず収入」と、職業を選択する余地さえなくなってきてしまいます。
ですから、会社員のまま、自立の準備をすることがおすすめです。

2.自立準備のステップは3つ。

1.まずは、自分の特性や能力に気づくことに時間を費やす。
2.それが分かってきたら、「自分にしかできないこと」が、どんな商品を生み出すことができるか試行錯誤してみる。
3.そうして、「とりあえず作った商品」で充分なので、ブログやフェイスブックなどで発信してみる。

そうして、商品づくり⇒発信⇒反応を見る⇒商品の見直し・・・。
このサイクルを繰り返していくことで、徐々に成功体験を増やしていくことができるようになります。
9日間でわかる!ネガティブ思考を断ち切る無料メール講座のお申込みはこちらをクリック

Follow me!

仕事に行きがいをもてないあなたに!

生きがいがないとお悩みの方に、元気を提供します 「人生つまらない」とお悩みの40代・50代の男性・女性。