子供が自立して、こころにぽっかりと穴が空いてしまいました。

海を向かい手を広げる

●質問
「子供が自立して、こころにぽっかりと穴が空いてしまいました。これから私はどうしたらいいのか?わかりません。」

●回答

1.長年の子育て、お疲れさまでした!

今まで、お子様の成長に夢中になってこられたのですね。

お子様が幼いころから、
入園・入学といっては共に喜び、卒業の時には涙を流し。
「受験は大丈夫だろうか?」
「就職はどうだろうか?」
そんなお子様ご自身の悩みを共に分かち合い、
時には、子育て中の悩みに打ちひしがれ・・・。

2.こころにぽっかりと穴が空いてしまうのは?

子育てに夢中になって、我も忘れ、
「この子のために」尽くしてきた。

「その子が自立して巣立ったら?」
そういう疑問さえ抱かずに必死に過ごされたあなた。

夢中になれるということは、とってもすばらしいことですね!

ただ、裏返せば、「我を忘れた」という、
まさにそのことがあなたを苦しめているようです。

子どもが巣立って、振り向いたら、自分そのものがいなかった、という空虚感。
これが、「こころにぽっかりと穴が空いてしまう」原因です!

3.ご自分がワクワクすることを見つける!

これからのあなたに必要なこと。
それは、あなたご自身のために生きる、ということです。

自分が楽しいこと、ワクワクすること、感動すること。

きっと、子育ての最中にも、たくさんあったそれらの感情。

それを今度は、ご自分のために使ってはいかがですか?

でも、「やりたいこと、わかりません」とお返事が返ってきそうです。

そんなときには、以下のブログを読んでくださいね!

仕事の人間関係相談ホットラインの【中澤健次(なかざわけんじ)】です。 今の仕事・働き方に不満・不安を持ち、人間関係をどうしたら良いか分からないあなたが、職場の...
アバター
About 中澤健次

仕事の人間関係相談ホットラインの中澤健次と申します。 私は人間関係相談コーチとして、円滑な人間関係を創るお手伝いをしています。 職場の悩みを、上司や同僚に相談しても曖昧にされてしまう。 相談相手さえみつからない方をたくさん見てきました。 なので、自然に人間関係が築かれ、快適さの先にある豊かな人生を大切にしたい、いつもそんな風に思っています。 でも、聞き上手、話し上手になれとか、相手に合わせろとか、そんな難しいお話はできません。 私のメソッドはシンプルそのもの。飲み会なんかで、友人等に教えていたのですが、皆元気になって円滑な人間関係を築くようになるんです。 そんな話をある知人にしたら、「それ、もっとたくさんの人に教えてあげたらいいのに。社会貢献にもなるよ」と言われました。 で、試しに勉強会を開催したんです。 そうしたら・・・ 「これはすごい!」 「これなら変わるって、納得」 そんなことばかり言われるようになりました汗 私には難しいことはわかりません。 ですが、相談者さんは次々と安らぎを得ています。 次は、あなたの番ですね♪

ご質問・ご相談があればお書きください

メールアドレスは公開されません


*