会社を辞めたいのですが・・・。

強い心の作り方写真

●質問
「会社を辞めたいのですが・・・。でも、むやみにやめるのも心配です。」

●回答
「会社を辞めたい」と思っている人は多いのではないでしょうか?

実際にわたしのホームページに訪れる多くの方が
「会社を辞めたい辞められない」という記事を読まれています。

1.「会社を辞めたい」と思ったときの注意点

「会社をやめたい」と衝動的に思ったときには要注意!
自分を客観的に観ることができなくなっているからです。

感情が高ぶると、たいていは判断をあやまります。
例えば、職場で上司との間に険悪な関係になったとき。
あるいは、同僚から誹謗中傷されたとき。
あなたは、悔しさや怒りで興奮しています。

興奮しているときには、その感情に支配されてしまって
現実を観ることができなくなります。

「くやしいー」って感じると、どうなりますか?
たいていは、「あいつは、ひどい奴だ」となる。

「ひどい奴だ」と思った途端、その思い込みは暴走します。
「あいつは、私を嫌いなんだ」
「あいつは、自分のことしか考えていない」
「あいつは、・・・」

確かに相手はあなたを苦しめるきっかけを作りました。
でも、人の思考は、暴走しはじめます。
相手が「1」と言ったことを、暴走が「10」に変えてしまう。
「10-1=9」は、暴走して作ったあなたの思い込みかも?

相手は、極悪人にとなる。

相手が極悪人となると、もうあなたは、会社にはいられません。

「もう、会社、辞めるしかない」って。

でも考えてみてください。

思考が暴走しているとしたら?

実際のあなたは
「でも、むやみにやめるのも心配です。」と迷っているのですから。

冷静さが必要です!

あなたが作った思考の暴走で、簡単に会社を辞めてしまうのですか?

2.会社から離れてみる経験

感情にもてあそばれている、と自覚できたあなた!

感情的になるときには、
あなたの視野が狭くなっています。
あなたの所属する会社の世界だけ。
客観的にものを観ることができません。

ですから、会社から一歩離れて見ましょう!

⑴辞表を書いてみる

「いつでも辞めてやる」という意識は、
不思議なことに、あなたを冷静にしてくれます。

出さない”辞表”を作ってみましょう!

いつでもやめるのなら、
「この会社はこんなもんだ」とわかると同時に、
他人事のように、あなたの会社を評価できるようになります。

意外にも
「なんだ、給料がいいじゃん!」
「福利厚生がこんなにいい会社なんてないよ!」

人は、現状に対して「悪い方、悪い方」にばかり目が行きがち。

会社もそう。

そういう自分の思考のクセを知る上でも、いい経験になるでしょう!

⑵副業をやってみる

政府が推し進める「副業」推進の政策は、よくご存じのことでしょう。

政府が副業を推進するのは、では今までの終身雇用制度を前提とした雇用環境は守れないから。

誤解を恐れずに言えば、政府は「自分の身は自分でなんとかしてよ」というメッセージ。

でも、それを逆手にとりましょう!
副業を通じて、あなたがほんとうに「やりたいこと」「ワクワクすること」をやる。
それを通じて、収入を得ることができたらすばらしいと思いませんか?

でも、「わたしにはできないよ。得意なことなんてないし・・」

そんな反論は当たり前です”!

なにか勘違いしていませんか?

一人ひとりの経験はみんな違うのです!

違うということは、似たような悩みや苦しみを抱いている人に
貢献できるでしょ?

そのあなただけの体験が、人の役に立つのです!

「自立で満点」セルフコーチングトレーナーの【なかざわ けんじ】です。”40 50 男と女 なにかやりたい 輝きたい自立サポート”をしています。今の仕事・働き方に不...

四角の診断バー!!!

あなたのストレス診断