7日間で ネガティブ思考をサヨナラするワークショップ

1.このワークに参加していただきたいあなたはどんな人?

  自信がもてなくて悩んでいる方
 ☑ 人間関係がつらいと思っている方
 ☑ すぐ先延ばししてしまう方
 ☑ 今の自分を変えたいのに変えられないと悩んでいる方
 ☑ 将来に不安を感じている方
 ☑ 過去のことばかり後悔して前に進めない方

【自己紹介】

まず、あらためて自己紹介させていただきます。

わたしは、中澤賢慈(なかざわけんじ)がビジネスネーム、本名は中澤健次です。

ニックネームは「けんけん」。

なんでビジネスネームが本名と同じ音?かというと、電話がかかってきたときに、違う姓名では、自分の名前を間違ってしまいそうだからです。

おっちょこちょいので、自分が対応できる名前にしました。

さて、「『ネガティブ思考』を断ち切る7日間ワークショップ」をわたし中澤がやる背景について、お話しさせていただきます。

出身は埼玉県入間市。

大学時代に横浜に来て、そのまま就職して、35歳で結婚。

現在、妻50歳、21歳の娘と、17歳の次女と同居中。

わたしは現在59歳のおじさんです。

55歳の時に、転機が訪れました。

当時、わたしの会社では役職定年制という制度があって、
55歳になったその月に今までの役職を降り、
部下を持たない役職に降格、という辞令を、受けることになりました。

今まで、
「会社のために」
「自分がいるから会社は成り立っている」・・・などという、いまから思えばバカみたいなプライドと幻想をもって仕事をしてきたわたしが、その辞令を受けることで、苦しんでいたんですよね。

「なんで俺がこんな仕打ちを受けなくちゃいけないんだ?!」

「組織なんて、人を使い捨てにする歯車だ」

「今まで、期待しているなんて調子よいことを言ってきたのに、この仕打ちかよ?」

このように会社に対して、怒りや憤懣を感じてやるせない時期でした。

でも、今振り返ると、役職定年制なんてどこの会社でもやっていて、当たり前の制度だったんですよね。

でも当時は憤懣やる方ない状態でした。

そうして、
そんな自分がイヤになって、
「今のままの自分ではもう生きることができない」
「もう一度人生をやり直したい」

そんな先の見えない希望を抱き始めます。

組織の歯車としての自分ではなくて、自分の力で生きることができるようなそんな自分になりたい、と率直なねがいを抱きました。

もちろん、紆余曲折ばかりで、モヤモヤする気持ちを抱え、自分自身の内側と向き合い、
その時以来、自分という存在を考え続けてきました。

そうして気づいたこと。

それは、自分が幼いころから夢中になってきたこと、それしかできないこととは、「思い悩む自分」だったということです。

なにしろ、大学時代の卒料論文のテーマが「生とは何か?」でしたからねぇ。

そんなわたしが、その問いに対して真正面から向き合ったら、
結果は「あらあら、なんと!!自分とは、こういうことだったのかぁ」という解答?がわかり始めたということなんです。

その間には、新井さんのアドバイスでNLPという心理学講座を受けたり、心理学や哲学の本を読みあさったり・・・。

そうして、57歳の2月のある日。

それは今でも忘れることができません。

自分流のワークを毎日繰り返していた時、突然・・・。

いままでの“人生の重荷”がストンと落ちて、身体が不思議なほど軽くなる、という体験をしました。

いままでの「生きづらい人生の重荷」が消え、
「なんて世界は輝いているんだ」「なんて人生は楽しいんだ」というような感覚。

別に宗教ではありませんよ。

後から学んでみると、それは心理学でいう「脱同一化」という体験であることも知りました。

そんな経験から、
生きづらいという悩みや苦しみは、社会的に作られたものであり、裏を返せば自分で作っていたのだ、ということに気づきました。

そうして、周りを見渡してみると、わたしだけではなくて、ほとんどの人がそんな悩みを抱えて、今を生きいているということも知りました。

職場での人間関係、

仕事がつらい、

パートナーができない、

結婚したらよいものか、

子育ての悩み

健康への不安

将来に対する不安

お金のこと

・・・

そんな自分の経験から、思い悩んでいる方々に少しでも役立てれば、と組み立てたのが
「『ネガティブ思考』を断ち切る7日間ワークショップ」です。

【お約束】
さて、このワークショップを行うにあたり、あらかじめ確認させていただきたいことがあります。

もっとも大切なことは、“守秘義務”です。

なにしろ、ワークショップのテーマが、

「『ネガティブ思考』を断ち切る7日間ワークショップ」ですから、

可能な範囲で悩みを、お互いに開示することになります。

もちろん、お話できる範囲でかまいません。

ただ、悩みは、ふつう誰にでも話すものではありません。

自分の内側に密かにもって、表には出せないことも多いでしょう。

例えば、職場の人間関係、

恋人とうまくいかないやるせなさ。

家庭での配偶者との行き違い、

あるいは自分の子供とのすれ違い。

さらには、生きているということ自体へのつらさ。

いずれも、プライベートなことなので他人に話すなんて、とてもとても・・・。

でも、自分の内側にもつ悩みとしっかり向き合わない限り、問題は解決しません。

もし、わたしに話せなくても、自分自身と向き合って、

自分の内側にある深い思いを引き出せればそれで充分です。

もちろん、開示できる範囲で構いません。

話していただける範囲で、開示していただければ十分です。

もっとも大切なことは、自分自身の内側と真摯に向き合うことですから。

悩みというと、どうしても自分のこころの内側のことなので、

人に出すのは恥ずかしいという思いがあるでしょう。

でも、安心してください。

みんな悩んでいるんですよ。

【進め方】
1. メールで、1日最低1回やりとりをします。
中澤からの発信は、早朝です。

それに対して、できる範囲で結構ですので、1日1回はメールを返信してください。

2.メールの返信に対して、質問をさせていただきます。

2. 7回のやりとりで、あなたが悩みをのりこえるものの見方を発見するでしょう。
  もちろん、7日間に囚われずあなたがスッキリするまでやりとり致します。

3. このワークショップで大切なポイントは、しっかりとワークにどっぷり浸かることです。
 中途半端にやっても効果がでませんので、ご注意くださいね。

2.このワークを通じて何が変わるの?

 ☑ 自信がつく
 ☑ 人間関係が良くなる
 ☑ 苦しみを解消できる
 ☑ 継続的に前に進むことができるようになる
 ☑ 今生きているという実感を味わうことができる


仕事に生きがいをもてないあなたに!

生きがいがないとお悩みの方に、元気を提供します 「人生つまらない」とお悩みの40代・50代の男性・女性。